然よかせっけん 泡立て方

よかせっけん泡立て

よかせっけんの泡立て方はどのようにすれば良いのか?

 

 
通常の洗顔石鹸を泡立てるのと同じやり方です。

 

身体を洗うせっけんの泡立て方と同じようにゴシゴシと
手だけで、こするだけでそこそこ図のような泡はすぐに出来上がりますし、「然‐しかり‐よかせっけん」に関しましては、通常のせっけんよりも泡立ちやすい特徴があります。

 

 

また「よかせっけん」に関して言えば、しっかりと泡立てネットがついてきます。

 

 

 

泡立てネットで行えば、図は通常の石鹸を泡立てネットで使用した場合の(例)の図です。これだけ泡立ちがしますので、問題ありません。
そして、下記が実際に私がよか石鹸を使用して専用の泡立てネットを使用している写真です。

 

 

泡立てネットの実物画像

 

よか石鹸の泡立てネット

 

 

使い方は非常にカンタンです。

@ネットに石鹸を入れる

 

Aネットに入れた石鹸を手を洗うようにこする

 

B泡立ち完成

上記のように驚くほどカンタンに泡立てネットに「スポン」と石鹸を入れてしまうだけで、泡立ちがある石鹸の完成になります。しかも、「然‐しかり‐よかせっけん」の場合は石鹸本来の泡立ち方も非常に大きく濃厚。

 

さらに

 

それに付け加えて、水素を発生させるセラミックボール入りの泡立てネット付です。
これにより亜w立ちが、非常に強くなり、さらに毛穴の隅々まで汚れをしっかりと吸着してさらに美容成分たっぷりの超微細シリカパウダーを含んでいるため、ビックリする洗い心地を味わえると思います。

 

よか石鹸の泡立ち

上記の画像はよか石鹸を泡立てたときの画像ですが、よか石鹸は少しだけでもここまで泡立ちます

 

そして、下記の図のように大きく泡立てることも可能ですが、ハッキリ言って手から零れ落ちてしまったので止めました。
片手じゃムリです(笑)

 

よか石鹸の泡立ちはけっこう膨らみがスゴイですよ。

 

体感的にはドラッグストアで普通に売られている洗顔料とよかせっけんを比較すると
泡立ち方はよかせっけんの方が2倍近く膨らみます。
※よかせっけん専用の水素ネットを使用しての感想※

 

 

それほどよかせっけんの泡立ちは凄まじいです。

 

 

普通の泡立ちネットだけでも、泡立ちはかなり強力ですが、さらに「然‐しかり‐よかせっけん」と「水素を発生させるセラミックボール入りの泡立てネット」のコラボで泡立ちをさせればスゴイ泡立ちになるのは間違いありません。

 

 

なんといっても洗顔は泡が命なので重要ですね。

 

 

この石鹸で身体を洗うことを想像すると、ワクワクする人も多いと思います。

 

 

ただ、よかせっけんでは身体を洗いませんけどね(笑)

 

よかせっけんは美容成分を60%近く配合されています。

 

 

そのため、通常の洗顔石鹸だと「洗いすぎると逆に肌にダメージを与える結果」になりますが、よかせっけんの場合はそういった心配が非常に少ないですし、本当なら洗顔料として肌にダメージを与えることもありますがそのことも考慮して作られているため、火山灰の超微粒子を原料としてパウダー状に作られました。

 

 

 

 

そのため、よかせっけんは洗顔料としては異常な売上販売数2200万個を突破しています

 

 

その他本サイトではよかせっけんの効果や他の細かい情報も記載していますので、よかったらお読みください。

 

 

>>よかせっけんを実際に使ってみた画像付記事
>>メルマガ限定。よか石鹸にはこのような特典もある