毛穴吸引器 洗顔 どっち

毛穴吸引器と洗顔どっちが良い?

実際洗顔料でお肌を洗っても毛穴の奥底までの汚れって取れにくいことが多いと思います。
その理由って”そもそも一般的な洗顔料では肌の奥の細胞まで入りきらない”というのが理由になると言えます。

 

 

肌細胞って非常に小さいことはスキンケアを真剣にやっている人ならご存知だと思います。

 

なんといってもスキンケアの課題といえば”どれだけ良い成分を含んだ化粧品があったとしてもそれがお肌の奥まで浸透してくれなければ水の泡”ということにもなります。
これは洗顔料でも同じことが言えますよね。

 

 

せっかくゴシゴシ良い洗顔料を使って洗っても汚れは取れないし、肌バリア機能が傷つくだけだし、毛穴内部はむき出しの皮膚で角栓も傷つける可能性も非常に高い。
そもそも洗浄成分は肌にとっては良くないことで知られています。なので、当然ですね。

 

 

その場合ヘタな洗顔料を使うよりお毛穴吸引器を使った方が肌バリアの機能の源である表皮ブドウ球菌や悪玉菌ではあるが肌バリアの一環を担ってくれているアクネ菌などのバランスを乱す可能性も少ないので、良いという考え方もできると思います。

 

Kiboer 毛穴吸引器 毛穴クリーン ニキビ吸引?黒ずみ吸出し 3色フォトンライト 美顔器 たるみ改善 しわ減少 美肌 フェイスケア 5つの吸引ヘッド 5階段吸引力調整可能 USB充電式 日本語説明書付き(メンズ 兼用)

新品価格
¥3,680から
(2018/8/25 22:55時点)

 

じゃあ毛穴吸引器で毛穴の汚れを除去した方が良いのでは?

 

 

そうなると毛穴吸引器のほうが毛穴を綺麗にするほうが良いという可能性も出てきます。しかし、毛穴吸引器もリスクはあると言われています。

 

 

その理由は「肌に直接くっつけて直に刺激して肌細胞の内部から汚れを吸い出すため」と言われています。肌の場合は良くも悪くも「とてもデリケート」なので化粧品でも成分を非常にしっかり選んで使わないと「だったら逆に使わない方が良かった」となる場合もあります。ですので、毛穴吸引器でも真空毛穴吸引器、ブルーライト毛穴吸引器、美顔器、リフトアップ機、電動毛穴吸引器、微晶美顔器など色んな種類の物を使ったとしても少なからず肌に直接当てるとどんなリスクがあるかわかりません。

 

 

しかもそれってすぐに現れるのではなく数年後に肌にじんわり現れてきます。私も日サロに通っていたこともありわかったのですが、数年たった今シミが薄ら顔に染みついて残ってしまいました。ですので、どちらにせよ本当に良いものを買うしかありません。

 

 

洗顔料であればやっぱりコレ

 

毛穴吸引器でどうしても良い機器が見つからない場合はやっぱり「然よかせっけん」がおススメです。やっぱり効果は抜群。少なくても買って「騙された、買わなきゃよかった…」ということにはならない思います。それだけ洗顔料としての毛穴への浸透力や肌の保護や使ってすぐに肌が綺麗になったと感じるレベルは高いです。

 

 

やっぱりトップクラスの洗顔料であるのは紛れもないとわかりますね。
毛穴吸引器でももちろん良い物もありますが、やっぱり良い物は値段が高いですし何よりリスクもそれなりに高いです。

 

ですので、その点はよく考えて毛穴汚れ、角栓、黒ずみ除去などスムーズに確実におこないたい人は後悔ない選択をしてくださいね。

 

 

>>然よかせっけんの支払方法【5種類】
>>つかってみんしゃいよか石鹸は使うと肌が白くなる?
>>よかせっけんの販売店【リアル店舗】