然よかせっけん アトピー肌

アトピー肌に対して然りよかせっけんは平気なの?【答え】

 

然よかせっけんはアトピー肌の人が使用しても大丈夫なのか?

 

 

この辺はアトピー肌の人が一番気になるところだと思います。
実際ワタシもアトピーを持っています

 

子供の頃と比べると大分症状は落ち着きました。
しかし、治ったわけではないので、まだ汗が大量に出る夏はかゆいです。特に肘の曲げる部分や足の曲げる部分、首筋はかゆくなり仕方ありません。

 

アトピーで首をかいている

 

これが酷い人になると、掻き毟って血だらけになります。ワタシも幼い頃はよくそれで、ムヒや親が買ってきてくれたクリームなどを塗った記憶がまだあります。

 

 

然よかせっけんもこういった敏感肌タイプの人に対しても効き目は大丈夫なのか?
と気になる人も中にはいると思いますが、私が実践した限りでは全く大丈夫ですね。

 

 

よか石鹸を通販で初めて購入した際は不安でした。
ただ洗顔してみてわかったのですが、
アトピー肌に対しても大丈夫な理由
その根拠は成分にあることがわかりました。

 

 

然よかせっけんの成分

 

よかせっけん裏面成分

 

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:精製水、水酸化カリウム、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、黒砂糖、ケイ酸・ケイ酸アルミニウム焼成物、酸化チタン、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、水溶性コラーゲン液(3)、ローヤルゼリーエキス、アロエエキス(2)、加水分解コンキオリン液、チャエキス(1)、ウーロン茶エキス

 

 

これらが然よかせっけんの全成分になります。
他のネット上でも大丈夫ということが言われていますが、ワタシ的には少し気になる点があります。
それは下記の2つの成分です。

 

 

ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド

ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液

 

上記2つは美容化粧品には数多くありますが、分類としては「合成界面活性剤」です。
なので、アトピー肌の人はこの成分が気になると思います。

 

 

ただ、私が使用しても大丈夫でした。
然よかせっけん自体洗浄品なので、特に問題はありません。

 

 

これが美容液や化粧水で肌に馴染ませるものであれば多少違和感を覚える人もいるかも知れませんが、厳密にいえば「肌の汚れを取る洗顔料」なのでそこまで過敏に気にする必要はないでしょう。

 

もし、これを気にしだしたら、よか石鹸以外の洗顔料を探しても
見つからず、逆に「よかせっけん」以上に肌に刺激が強い成分だらけの物がほとんどです。

 

 

この部分を気にしてしまうとそれ以外の洗顔料を使用するように考えても、
よかせっけんのような素晴らしい成分やこだわりがあるものを探すほうが逆に大変です。

 

ワタシが見た中では洗顔料の中でも特別低刺激でありますし、無添加ですので素晴らしいです。
色んな洗顔料がある中でもよかせっけんがNO1と言う人が
多く、2200万個以上売り上げているのが何よりの証拠だと思います。

 

そして、アトピー肌や敏感肌に対してもそれを補う美肌成分が多分にあるので、アトピー肌の人も肌に負担が全然問題なく然よかせっけんをご使用できると思います

 

 

よか石鹸の洗浄効果と肌を保護する効果のバランスは非常に絶妙です。
肌が弱いアレルギー体質の人も安心してご使用できると洗顔料です。

 

 

>>よか石鹸はなぜ効果が高いと言われる?大きな4つの理由
>>よか石鹸の洗い心地をできるだけ詳しく説明します