然よかせっけん 効果 感想

よか石鹸と一般的な洗顔料では成分の割合が違う

よか石鹸と一般的な洗顔料を比べてみると成分の割合が明らかに違います。
そもそも洗顔料というものは洗浄がメインです。

 

 

なので、洗浄成分を強く配合する傾向にあります。

 

 

更に石鹸では私の知る限り全ての物に含まれていますが、合成界面活性剤。これが洗顔料に合わさっています。

 

 

 

合成界面活性剤は役割としてはカンタンに言うと、「水と油を合わせる成分」。
本来は水と油は合わさる事がない反発しあうものですが石鹸を作る工程上は仕方がないものだと言えます。

 

 

 

なので、石鹸には必要な成分ですがお肌にとってはあまり良くないのが現実です。ただ合成界面活性剤のすべてが悪いわけではなく界面活性剤にも種類があります。

 

 

>>よかせっけんの悪いクチコミ

 

 

界面活性剤の種類

 

合成界面活性剤は種類によって区別ができます。

 

 

これは科学的には主に「イオン」で分類されるのですが、今回のよか石鹸と一般的な洗顔料の違いの題材から比較すると趣旨がズレそうなので割愛します。

 

 

そして、界面活性剤をわかりやすく分けると・天然系界面活性剤と石油系界面活性剤に分けられます。そして、肌に刺激が強いとされているのが石油系界面活性剤で肌に刺激が弱いとされているのが天然系界面活性剤です。厳密に考えると石油系界面活性剤の全てが悪いというわけではないですが比較的避けた方が安全ではあります。

 

 

よかせっけんの洗顔成分はココが優れている

 

 

この界面活性剤をよか石鹸の場合は天然系界面活性剤で植物系を使用しています。
なので、肌にとっては極力刺激は少ない成分だと考えらます。

 

 

 

あと大きな特徴として防腐剤・キレート剤を不使用
通常これらは石鹸が腐ると困ってしまうため通常の石鹸では入っていることが多くあります。

 

 

 

しかし、然よかせっけんは「完然無添加」を謳っているため添加物である防腐剤・キレート剤は使用していません。
なので、安心です。

 

 

 

防腐剤自体は全ての人に悪影響が出るというわけではありませんが、アレルギー反応や腸内環境に害を及ぼす危険性もあるとされているのでないに越したことはないですね。

 

 

 

 

食品も防腐剤を使用しているものはたくさんあります。
なので、危険は少ないとも考えられますが種類も色々ありますし、体内へ蓄積していったあとどうなっていくかはわからない部分でもありますのでなるべくなら食さない方が安全だと言えます。

 

 

 

極力危ない成分である可能性が高いものを排除しようとしている考えであり、顔を洗う石鹸でここまで考えている「然よか石鹸」は凄いと思います。

 

 

>>よか石鹸はいつ届く?

 

 

よか石鹸と一般的な洗顔料のまとめ

 

このようによか石鹸は非常に身体のことを第一に考え作られている洗顔石鹸です。

 

 

 

更に美容成分も60%含んでいるため顔につけて洗顔しても非常に安心です。

 

 

 

 

洗顔は実際あまりよく知らないようなもので洗うと使わない方がお肌にとっては良い場合もあります。

 

 

 

しかし、よか石鹸の場合は刺激や害は非常に少なく更に美容成分を多分に含み、洗浄力の少なさをシリカパウダーという細かい粒子を使うことによりカバーして作ってあります。

 

 

そのため、普通の洗顔では取れないような肌奥の細かい細菌や汚れ、酸化した皮脂など顔の透明感を汚すようなものを除去し隅々までキレイに洗浄していくように「よか石鹸」は作られているので「赤みや色素沈着、酸化したニキビ肌」や「肌の汚れが積み重なってしまい透明感を失ってきている肌」に対しても念入りに洗浄を繰り返していけば非常にキレイになっていきます。

 

私も使用してわかりましたが、それほど肌の細かい汚れを洗い流してくれます。

 

 

なので、一般的な洗顔料よりも「よか石鹸」は使ってみるとその洗い心地はかなり差が出て違います。
一度は使ってみた方が良い洗顔料です。

 

 

>>よか石鹸の効果の感想は?<<